痩せホルモンって何?ダイエッターには欠かせない!?

痩せホルモンを説明する女性

ちょっとしか食べてないのに太る人、食べても食べても太らない人の違いはなんでしょうか?体型が気になる人にとって食べても太らない人の体質は羨ましいばかりですよね。

 

その食べても太らない人と少ししか食べてないのに太る自分の違いは、もしかしたらこの痩せホルモンが大きく関係しているかもしれません。

 

ではこの痩せホルモンとはどんな存在なのでしょうか?ダイエットに大きく関与するこの痩せホルモンについてご紹介します。

 

 

痩せホルモンの正体

パンを食べる女性

痩せホルモンという言葉を聞いた事がある方も多いと思います。これは何かというと、GLP-1と呼ばれているホルモンです。

 

GLP-1の量は個人差があります。GLP-1が多い人ほど痩せやすく、逆に少ないと太りやすい体質になるので、痩せホルモンと呼ばれています。

 

痩せホルモンの働き

このGLP-1は食事をすると分泌されるホルモンで、満腹中枢を刺激する作用があります。

 

また糖の吸収を抑えインスリン分泌を抑制する働きがあるので、まさにダイエットの味方とも言えるべきホルモンなんですね。

 

当然GLP-1の分泌量が多い人ほど痩せやすく、分泌量が少ない人ほど痩せにくい体質になります。

痩せホルモンは手に入れられる!?

実はこのGLP-1があると痩せる努力をしなくても痩せることができるため、医療用としても実際に使われています。

 

但し基本的に、糖尿病の人の治療薬としてのみ使われているもので、誰もが自由に使えるものではありません。

 

糖尿病と診断されない限り、今のところ使用する事はできないんです。

 

痩せホルモンを多く分泌させるには?

痩せホルモンを多く分泌させる方法

GLP-1は医療で使われるほどの存在であることが分かりましたが、特別なケースを除いては手に入れることができないことがわかりました。

 

となると、自分の体でGLP-1の量を増やすしかありません。

 

このGLP-1は小腸から分泌されているホルモンです。つまり、腸内環境が良好の人はGLP-1がしっかりと分泌されるのですが、腸内環境が悪く悪玉菌が増殖していると当然分泌量が減少します。

 

ではどうすればGLP-1を多く分泌させられるかと言うと、とてもシンプルで腸内環境を改善させればOKです。GLP-1を増やすには、食物繊維を摂るのが一番で1日約18gの食物繊維を食べると効果的と言われています。

 

鯖缶

また魚に含まれているEPAを摂るのも良く、EPAは脂がのった青魚に沢山含まれています。

 

特に鯖にこのEPAが多く配合され、一時期鯖や痩せる!なんて放送されてスーパーから鯖缶がなくなりましたよね。EPAは小腸でGLP-1を出す細胞を刺激するので、痩せホルモンの分泌を促進してくれるんです。

 

EPAを沢山含むサバを食べている人に、痩せている人が多いのはこのためなんですね。効率的にダイエットがしたい!と思ったらタンパク源として鯖を摂ってみてもいいかもしれません。

 

そのほか、乳酸菌を摂る、サプリをとる、甘いものやアルコールを控えることでGLP-1の分泌が増加させることができます。

 

痩せ体質になるには腸内環境を整えることが大切

女性

痩せホルモンの働きで体の内側から痩せたいと思った場合は腸内環境を整えることが大切だということもわかりましたね。

 

カロリナ酵素プラスは酵素の量が従来品と比較し4倍も配合され、より腸内環境を良好に保つサプリメントです。さらに食べたものを吸収阻害してくれるので、油分が多い料理を食べる時の味方になってくれます。

 

カロリーカットと痩せ体質への体質改善を望む時にカロリナ酵素プラスは一役かってくれると言えそうですね。

 

カロリナ酵素プラスは痩せない?口コミ検証はこちら