カロリナ酵素プラスは危険性があるのかどうかを調査

カロリナ酵素プラスの危険性を調査

カロリナ酵素プラスを検索すると「カロリナ酵素プラス 危険」といったワードが検索されます。

 

海外のダイエットサプリは過去に死亡例がでたことがあります。ダイエットサプリの中には作用が強く、めまいや吐き気、下痢といった症状が見られ日本で販売されているサプリメントでもこうした副作用が多々見られているサプリも見つかっています。

 

なので「カロリナ酵素プラス 危険」といったワードが見つかると不安になりますよね。

 

カロリナ酵素プラスはこういった過去の症例があったような危険なサプリなのでしょうか!?

 

危険と言われている理由を調べてみました。

 

 

危険なダイエットサプリの種類

危険なダイエットサプリメント

ダイエットサプリの中には肝臓に負担をかける副作用があるものがあります。

 

特に海外製のサプリメントの場合脂溶性ビタミンが肝臓に蓄積されると副作用が出てしまうようです。

 

ダイエットサプリを飲んで薬物性肝機能障害を引き起こす理由はサプリメントの過剰摂取が原因です。

 

早く痩せたいという気持ちから容量を守らず飲まれる女性もいらっしゃいますが、この行為そのものがサプリによって自分の体を蝕む引き金にもなりかねないのです。

 

日本のダイエットサプリで気をつけたいサプリメント

吐き気に襲われる女性

今ドラッグストアでもよく見かけるDHCのフォースコリーは頭痛、吐き気といった副作用がよく出るサプリメントとして有名です。実際、私はこのサプリを飲んで2ヶ月目に生理が止まりました。

 

このフォースコリーは「コレウスフォルスコリ」という成分が脂肪燃焼に働きダイエット効果を促進してくれるサプリですが、その他のハーブ成分が副作用の引き金となっているようです。

 

日本製のダイエットサプリメントは厚生労働省が認可している成分のみを配合しているので比較的安全性が高いですが、DHCのフォースコリーは人によっては体質にあわず、思わぬ症状が出てしまう人もいます。

 

この場合、飲むのをすぐに辞めましょう。

カロリナ酵素プラスの成分の危険性

ではカロリナ酵素プラスの成分はどうでしょうか?

 

カロリナ酵素プラスの成分はリポサンウルトラ、ガーシトリン、レプチコア、サラシア、ギムネマ、酵素です。メイン成分であるリポサンウルトラ、ガーシトリン、レプチコアの3つの成分は全て「特許取得済み」です。

 

リポサンウルトラはボディメイクに特化した製造特許を取得。食べたものの脂肪の吸着を妨げ、ガーシトリンはアメリカでも体重減少の特許を取得した成分で肥満治療に使われています。

 

実際の医療で使われているということから高い効果が期待できる成分であることは間違いがありませんが、副作用が出ないよういするには正しい容量を守る必要があります。どちらも高い効果が認められる成分なので過剰摂取は避けたほうがよいと言えるでしょう。

 

また酵素は特定のアレルギーがない限り、体に害を与えることはありません。

カロリナ酵素プラスで副作用が出るとしたら

アレルギーの危険性

甲殻類

カロリナ酵素プラスに含まれているリポサンウルトラは甲殻類から抽出された成分のため、甲殻類アレルギーの方が飲むとアレルギー反応が出てしまう可能性があります。

 

カロリナ酵素プラスの口コミではアレルギー反応が出た!といった口コミは見かけませんが、中には甲殻類に対しアレルギーを持っている方もいらっしゃるかもしれないので注意が必要です。

 

便秘になる

便秘の女性

カロリナ酵素プラスを飲むと一部の方では便秘になってしまう方もいらっしゃるようです。

 

これはカロリナ酵素プラスに含まれる酵素の働きで代謝がアップし、腸内の水分が再吸収されて便が固くなってしまったため。

 

また水分不足である可能性も高いです。便秘になってしまった場合は水分をこまめにとり、食物繊維やお通じをよくする食材を積極的に取り入れてみてください。

 

効果が高すぎる

痩せすぎの女性

カロリナ酵素プラスは比較的即効性が期待できるサプリメントです。

 

コンビニで販売されているようなカロリミットと比較すると作用も強力なため、効果がありすぎて危険に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、カロリナ酵素プラスはあくまでサプリメント。薬ではないため危険性を及ぼすほどの効果はありません。

 

1日の容量・用法を守っている限り副作用の心配はないので安心してください。

 

カロリナ酵素プラスを飲んではいけない人

妊婦さん・授乳中の方

妊娠中の妊婦

妊娠中、自分の体型の変化や体重増加が気になりこれ以上増やしたくない、という妊婦さんもいらっしゃいます。

 

ただ、だからといって体重を減らすためにカロリナ酵素プラスを飲むのはちょっと待って。

 

カロリナ酵素プラスは赤ちゃんに必要な栄養素まで吸収を阻害する可能性があります。

 

またカロリナ酵素プラス自体は妊婦さんに害を与える成分は含まれていませんが口にした成分は赤ちゃんにも胎盤を通して移行します。

 

カロリナ酵素プラスの成分は赤ちゃんにとっては不必要なもの。

 

赤ちゃんの健康のためにもこの時期は飲むのを控えましょう。また母乳で赤ちゃんを育てているママも、授乳中はカロリナ酵素プラスの摂取は控えましょう。

 

カロリナ酵素プラスは危険の真相結果

カロリナ酵素プラスは危険か調査結果

カロリナ酵素プラスは危険といったワードが見つかりますが、実際に体に害を与える成分は配合されていません。ですが、正しい容量・用法を守って飲まなければ人によっては副作用が出やすいので気を付けましょうといった注意喚起があります。

 

カロリナ酵素プラスは1日8粒程度が目安です。

 

一度に飲み過ぎるのは下痢の症状が出てしまいやすいので飲みすぎには注意しましょう。

 

カロリナ酵素プラスは辛口の口コミがダイエットカフェなどでも悪評はそれほどなく、多くの方が継続して飲み続けることで変化を感じ取れているサプリメントです。

 

「ダイエットはしたいけど、安全性があるものがいい」と思うのは至極当然のことです。

 

私もいろんなダイエットサプリを飲んできましたが副作用が出たサプリもあり、もう二度と副作用が出るサプリは飲みたくありません。

 

かといって市販のものでは効果があるのか不安になったり…と揺れていました。

 

そんな時に出会ったのがカロリナ酵素プラスです。

 

カロリナ酵素プラスは飲んでいる間副作用がでたことはありませんでした。また、食べたつぎの日でも体重が増えていない即効性に驚き、その効果の高さにも驚かされました。

 

カロリナ酵素プラスがあっている女性

市販のカロリーカットサプリメントよりも強力なサプリが欲しい、食べたいけど太りたくない、という方にとって一番安全でかつ強力な味方になってくれるのがカロリナ酵素プラスと言えると思います。

 

 

↓↓990円/袋はこちら↓↓

【https://odecomart.com】