カロリナ酵素プラスは妊娠中・授乳中に飲んでもOK?

授乳中の女性

カロリナ酵素プラスは妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?と気になるママも多いです。

 

妊娠中は体重がどんどん増え、体重管理にはナーバスになりますよね。

 

いつも通りの食事をしているのに自分が思っている以上に体重が増えてしまい、医師や看護師さんに「これ以上体重を増やさないように」と注意されてしまう妊婦さんもいらっしゃると思います。

 

また、出産後はできるだけ早く元の体重に戻すなら体重の激増は避けたいところです。

 

ではカロリナ酵素プラスはそんな産後ダイエットに頑張るママや妊娠中の女性でも飲む事は可能でしょうか?

 

 

カロリナ酵素プラスの販売会社に問い合わせをした結果

カロリナ酵素プラスへお問い合わせ

カロリナ酵素プラスの販売会社に問い合わせをしたところ、「カロリナ酵素プラスは健康補助食品なので害を与える事はありませんが、体がデリケートな時期なので飲むのは控えるようにお願いしております。」とのことでした。

 

妊娠中は胎盤を通じてママが口にしたものが赤ちゃんへ移行されます。仮にカロリナ酵素プラスの成分が胎児に伝わっても害はありませんが、毎日グングン育っている赤ちゃんに与える栄養としては好ましくないと言えるでしょう。

 

また授乳期の間は母体が口にしたものが母乳に含まれ、赤ちゃんが母乳を飲めば栄養として体に行き渡ります。

 

ダイエットサプリを飲むのであれば、妊娠中や授乳中でも飲めるサプリを飲んだほうが安全・安心なのは言うまでもありませんね。

 

結論を言うと、効率的に産後ダイエットをしたい!と思った場合でもカロリナ酵素プラスは妊娠中、授乳中は飲むのを控えた方が良さそうです。

 

お通じもよくなるため、カロリナ酵素プラスが体に合わない場合下痢など思いがけない副作用が出てしまう可能性もあります。

妊娠中・授乳中にダイエットサプリメントを選ぶ場合

女性画像

妊娠中や授乳中の体重を管理するためにダイエットサプリメントを飲む場合は「代謝をあげる」サプリを選ぶと効果的です。

 

特に妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を与えるため自分の代謝を低くさせます。

 

そのため妊娠中は太りやすく、すぐに何キロと太ってしまう方も。

 

酵素サプリで代謝を上げると新陳代謝が上がり、無理なく太りにくく痩せやすい体質に改善することができます。その酵素サプリとして選ばれているのがスルスル酵素です。

 

スルスル酵素は妊娠中や授乳中でも飲めるダイエットサプリメントです。できるだけ体重を増やしたくない、早く体重を減らしたいといった場合はスルスル酵素を飲むと効果的です。

 

実際に私は現在妊娠5ヶ月目ですが、スルスル酵素を飲んでまだ1kg増でキープしています。

 

妊娠5ヶ月目の画像

 

↓妊娠3ヶ月の頃から飲み始めています↓
スルスル酵素の画像

 

また、産後ダイエットは急に体重を落とそうとはせず、赤ちゃんに栄養を与える必要があるので食事制限をしない事を心がけてくださいね。

 

妊娠中や授乳期はどうやって体重管理をすればいい?

和食料理

妊娠中や授乳期に体重を増えすぎないようにするコツは間食をしない、和食中心の食生活を心がけることが第一です。無理に炭水化物を抜いたり食事制限をすると後々耐えられなくなりドカ食いの原因となってしまいます。

 

ドカ食いをするくらいなら、毎日コンスタントに必要な栄養素が摂れる食事をしたほうがよっぽど太りにくいです。(妊婦さんはドカ食いをすると一番太ります)

 

この時期は激しい運動をすることができないので、食事管理で体重の増減を管理しましょう。。授乳中は間食の変わりに置き換えスムージーや骨盤矯正をするのも効果的です。

 

特に授乳期は個体差がありますが、約700kcal分は通常の時よりも消費カロリーが多くなっています。

 

お腹がすいた時にお菓子を食べるよりも、置き換え食を食べたほうがストンと体重が落ちるので取り入れてみてくださいね。

 

カロリナ酵素プラスは痩せない?口コミ検証はこちら